債務整理の不安は法テラスに相談

債務整理をするにあたり

「借金が膨れ上がり、支払うことが困難になってしまった。」

 

「催促に追われて、どうすることもできない。」

 

こうなってしまうと、最終的には債務整理・任意整理・自己破産などを考えてしまうのではないでしょうか。

 

本当は、ここまで切羽詰る前に考えないといけないはずなのですが、なんとか返済できている間は、どうしても自分で何とかしようと、最後まで我慢する人が多いです。

 

しかし、よっぽどの専門的な知識でもない限り、決して自分でどうにかできる案件ではありません。

 

そんな時は、まずは弁護士を頼りましょう。できれば追い込まれる前に相談しましょう。

 

いざ弁護士に相談するにしても結構なお金が必要ですし、継続して手続きしてもらうためには、更にお金が必要になります。

 

お金が無いのに、お金がかかる弁護士に相談なんて難しいと思われがちですが、弁護士費用は分割払いも可能です。

 

それでもお金に不安がある場合は、まずは「法テラス」に相談してください。

 

無料で相談にのってくれますし、経済的に余裕のない方にも、それに見合った解決方法に導いてくれます。

 

お金が無くて困っているのに、お金を気にしていては話は進みませんからね。

 

ここからは、私が実際に行った自己破産についてです。少しでも参考になればと思います。

 

私の場合は、順序が逆になりましたが、まず知人に紹介された弁護士の方に相談に行きました。

 

ここで、法テラスを経由して、少しでも負担を減らすように奨められました。

 

これにより、弁護士費用も分割で月5000円程度の支払いでお願いできるようになりました。

 

借金の解決方法としては、大まかには二つです。

 

一つは、返済能力があれば、金利を無くしたり、過払い金を差し引いて、最終的には返済する方法。

 

もう一つは、返済能力が無いと判断されれば、借金を帳消しにする方法、これが自己破産です。

 

健康上の理由もあり、定職に就けていなかったため、自己破産を決断しました。

 

ここからは、弁護士の先生に、今までの借金の流れや経緯を詳しく証明していきます。

 

・どの会社から借りているのか

 

・いつから借りているのか

 

・いくら借りているのか

 

・現在の収入が無いことの証明

 

などです、そして破産するのですから、財産とみなされる物も破棄しなければなりません。

 

例えば、土地や車、生命保険の掛け金なども財産となります。

 

わかり易く言えば、日常生活で必要にならないものです、TVやパソコンなど、家電製品までは財産とはならないので大丈夫です。

 

貯金もあれば支払いに回す必要がありあます、破産するにしても、払えるものは払いなさいということです。

 

ここまで来て貯金はさすがに無いかと思いますが、生活するための最低限のお金までは持っていかれませんが、隠し貯金などはNGです。

 

一通り証明し、書類を作成できれば、あとは弁護士の先生に任せきりとなります。

 

連絡が来て、裁判の日にちが決まれば、出廷して、判決が可決されれば自己破産は成立となります。

 

中には自己破産が認められないケースもあるようです。

 

お金の使い道が、遊びやギャンブルなど私欲だけのために作った借金であったり、2度目の自己破産など、難しいみたいです。

 

うしろめたくない理由であればちゃんと説明しておくことが大事です。

 

自己破産してしまうと、今後最低5年はクレッジともキャッシングも絶対にできません。

 

人生をやり直すための自己破産ですので、前向きにがんばっていくことがまず第一です。

page top